BLOG

クラフトビールの3つのポイントをご紹介します | ビヤケラー札幌開拓使サッポロファクトリー

2019.04.17

こんにちは、ビヤケラー札幌開拓使サッポロファクトリーPR担当です。

ここ数年、クラフトビールの人気が高まっています。
ところで、みなさんはクラフトビールとはどんなビールか、ご存じでしょうか。

そこで今回はクラフトビールの3つのポイントをご紹介します。

この3つのポイントを押さえれば、あなたも「クラフトビール通」かも?

 

1.    職人が思いを込めたこだわりの製造

 mainv_drink

craft】の意味は、『職人技、技術、工芸、技能』です。

製法や原料に職人のこだわりを感じる個性あふれるビールがクラフトビールです。
その土地の原料を使うことも多いので、「地ビール=クラフトビール」と思われている方も多いのではないでしょうか。

 当店でもオホーツク産・富良野産の麦芽、富良野産のホップを贅沢に使用し、開業当時の味をぜひ皆さんに味わっていただきたいという想いを込めて、当時の製法でお作りしたビールをご用意しています。

 

2.    クラフトビールを飲むなら『上面発酵』

 ビヤケラー札幌開拓使 

市場に出回っているほとんどのビールが『下面発酵』で低温で発酵されます。
いわゆる「ラガービール」と呼ばれれているもので、【のどごしがすっきり】しているのが特徴です。
 
かたや、『上面発酵』のビールは、常温で発酵されるため冷蔵保存ができなかった昔から作られてきた歴史ある製法です。
【芳醇な香りと濃厚なのどごし】が特徴です。

 クラフトビールの多くがこの『上面発酵』で作られており、当店の「開拓使麦酒 アルト」もこの上面発酵で作られています。レンガ色の褐色とまろやかな口当たりが特徴です。

                        

3.大量生産できない希少ビール

 ビヤケラー札幌開拓使

 
製法や原料、すべてにこだわりをもって作られるため、クラフトビールの生産量は限られています。
なかなか出回らない、地元でしか飲めないクラフトビールも数多く存在しています。

ぜひ、当店にお越しの際には、クラフトビールをお飲みいただき、この札幌の地でこだわりのビールを作る職人の技を舌で味わってください。

 

地下鉄東西線『バスセンター前駅』8番出口徒歩5分。

若い世代も楽しめる新しいタイプのカジュアルなビアホールで、自慢のビールやこだわりの肉料理をお楽しみください。

3名様~28名様まで対応した完全個室や様々なシーンにご利用いただける半個室も完備。

生ラムジンギスカン食べ放題をはじめお得な飲み放題付き宴会コースもご用意しております。

ご予約がご質問がございましたら気軽にお問い合わせください。

皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

 

電話番号:050-3469-8922

以上、ビヤケラー札幌開拓使サッポロファクトリーPR担当でした。

※記事中では一部著作権フリーの画像を使用している場合がございます。

※記載している内容、コース構成、金額等、実際と異なる場合もございます。詳細は、予約時にご確認ください。

ACCESS